2014年01月28日

「2014年もよろしくお願いします!!」

 年も変わり2014年、新年1回目の陸前高田でした。昨年何回も行かせていただいた自分ですが、一人で活動をしたのは今回が初めてで、少しさびしさを覚えながらの活動でした。そして、寂しさとともに、1月の寒さが体に染みる活動でした。

 しかし、今回も活動の中で出会った人々はみな心も体も温めてくれるような、そんなものでした。まず、朝SAVE TAKATAさんに着くとスープを、世田米中学校とみんなの家ではホットコーヒーを、佐野仮設ではお茶っこを、そして細根沢仮設の菅野さんには味噌らーめんを1杯、そして夜ご飯にはそばを4杯と一日で食べ物だけで色々と頂いてしまいました。


 佐野仮設でお茶っこを頂きながら、震災当時のお話をしていた時に、“日本の国民で本当に良かった”という言葉で始まった一つのお話を。

 震災後に海外の記者に取材されて、“ここにいるみんなで、おにぎりが一つしかなかったら、どうしますか?”と聞かれたときに、“一人当たり2,3粒になったとしてもみんなで分けます。”と答えたら、相手の記者がとてもびっくりしていたそうです。

 そして、それに対して、私自身も震災直後に物資の支援で各避難所を回った時に、どんなに大丈夫だと伝えても、おにぎりやお味噌汁、お菓子を頂いてしまったこと今でも覚えていますと伝えたら、“来てくれた人には何か出すし、してもらったらしっかり返さないと気が済まないんだ。どんな状況でもみんな同じだから”みたいなことを言われてしまいました。

 実際、今でも陸前高田のどこに行ってもお茶っこ出してもらったり、始めに書かせていただいたように色々といただいてしまいます。

 この話は内容そのものもですが、その話をしている姿を見て、耳に入ってくる一つ一つの言葉の力強さを感じて、込み上げるものがありました。それとともに、日頃から日本人であることに誇りを持って生きているつもりだけど、あらためて日本っていいなって思いました。少し壮大な話になってしまったかもしれませんが、日本が世界に誇るべき日本らしさを感じさせられた瞬間でした。


 また、今回みんなの家の菅原さんにお会いした時に、昨年5月にみんなの家を訪れた時の写真を頂いてしまいました。自分たちもせっかく去年、色々な活動をしてきたので、その時の写真であったり、何かしらを陸前高田の方々に渡せたらなと思いました。


 今回は成人式やテスト前ということもあり、一人で寂しかったのですが、2014年もメンバーたち一回でも多く陸前高田に行き、陸前高田のために活動していきたいなと思います。


20140128-1.jpg
(陸前高田の朝)

20140128-2.jpg
(佐野仮設の方々)

20140128-3.jpg
(5月にみんなの家での写真)

20140128-4.jpg
(いつもはメンバーみんなで記念撮影する場所)
posted by wavoc-shien-team at 11:20| Comment(0) | 学習支援

2013年12月03日

【参加学生の声】学習支援とはまらっせん農園第10班

 今回は学習支援活動だけでなく、多くの現地の方たちにお話しを伺う機会が大変多い活動でした。被災した方たちはみな明るく、伺うたびに精一杯のおもてなしをしてくださり、こちらが元気をもらってしまう場面も多々ありました。しかしよくお話しを伺うと、被災したことによる心の傷はいまだ深く、また復興の速度もさまざまな障壁で停滞ぎみというのが現状だと感じました。現在多くの方々が仮設住宅に住んでいますが、仮設住宅は大変狭く、冬の時期となりこたつなどを出すと歩くスペースもなくなってしまいます。狭い部屋の中でお年寄りの方はいろいろなものに躓き転んでしまうというケースもお多くあると語っていただきました。二、三年後に被災者向けの住宅が完成し、入居できる予定ではありますが、工事の進行は土地の回収などの問題でうまくいかないことも多いらしく、現地の方たちの不安は尽きないようです。また、自宅が被災したことにより今まで住んでいた場所を離れ仮設住宅に入り、知人もあまりいない中で新しい生活になじむことが難しく、狭い住居の中に引きこもりがちになり、健康を害するケースも多くあるそうです。その問題を解決するために陸前高田のお医者様たちを中心に仮設での農業活動「はまらっせん農園」をお作りになりました。実際にその活動に参加する多くのお年寄りが、友人ができた喜びや土をいじる楽しさを語ってくださり、この活動の素晴らしさに感じました。また子供たちも多感な時期にプライバシーのほとんどない仮設住宅の中、勉強するスペースも確保できないつらい状況におかれています。しかしそのような状況にも関わらず日曜に学校に勉強をしに来て明るく学ぶ姿を見て、とても感心するとともになんとかしてもっと力になれたらと強く感じました。

 なぜいまだに陸前高田にボランティアにいくのか、よく疑問を持たれることがあります。しかし震災から月日がたち、人々が忘れかけている今だからこそできることがあると今回の活動で確信しました。支援活動はなによりも単発ではなく定期的に続けることがなによりも大切であると考えます。今までは学習支援と農園のお手伝いを中心に活動を行っていましたが、今回SAVE TAKATAの方から、陸前高田にボランティアにくる若者の集いと情報交換の場所を若者たち自身の手でつくるという「若興人の家」のプロジェクトのお話も聞き、これからはそういった活動も視野に入れつつ、より一層の尽力を心掛けたいと思います。(H.U.)


nouen1.jpg
はまらっせん農園の様子 1

nouen2.jpg
若興人の家の作業の様子 1
posted by wavoc-shien-team at 17:25| Comment(0) | 学習支援

2013年08月05日

【参加学生の声】現地の方々との交流を通じて

 今回の活動は、私にとって2回目の被災地への訪問でした。前回に比べて今回は現地の方々とじっくりと向かい合うことができたように思います。午前中と昼に行った学習支援では、生徒の数が3人と少なかったものの、一人一人の勉強を丁寧に見たり、学校での話などをじっくりと聞いたりすることができました。また、私たちの方からも大学の話をすると、興味深そうに耳を傾けてくれました。私たちの大学での話が、生徒たちが将来を考える上で少しでもプラスになっていればと思います。次に、仮設住宅に行き、農作業は雨でできませんでしたが、住民の方々は温かく私たちを迎えて下さって、農園から獲れた大根の漬物などをご馳走になりながらお話を伺いました。住民の方は、仮設住宅ができる前の避難生活やその後の仮設住宅での生活の様子を話してくださいました。仮設住宅の住民の方のご苦労を生の声で聞くことで、ひしひしと感じました。また、様々な方言を教えて頂き、興味深かったです。今回の被災地訪問は、1日という短い時間でしたが、現地の方々と近い距離で触れ合うことができ。大変貴重な機会となりました。

hamarassen.jpg
posted by wavoc-shien-team at 14:33| Comment(0) | 学習支援
Powered by さくらのブログ
タグクラウド