2012年09月01日

ボランティアを終えて

被災地に行って自分の目で状況を確かめたいと以前から思っていましたが、
大学の授業や経済事情などもあり、なかなか実行に移せていませんでした。

そんな中、大学のボランティア派遣で音楽ボランティアに行く機会を得て、
迷わず行こうと、決めました。

現地にいくと決めたものの、なかなか心の準備はできていませんでした。
私は状況をきちんと受けとめられるだろうか?
まったくわかりませんでした。

夜中に早稲田を出発、バスはひた走りに走り、早朝に気仙沼市へ到着。
車中泊で身体はコキコキしだして、足もむくみがち。

寝不足の目をこすりながら、気仙沼高校へ。
高校では文化祭ということで、
合唱コンクールやバンド演奏などでにぎわっていました。
 
体育館で、合唱コンクールを見学したときのことです。
舞台上の高校生たちを見ながら、
被災後、この場所で避難していた人々の苦しみや、
元気そうに歌っていても
色々な家庭状況を抱えているかもしれない彼らの気持ちといった、
見えない悲しみに包まれることがありました。

それから、私たちの順番でトライトーンさんの「涙をこえて」をうたったのですが、
自分が担当している歌詞である「無くした過去に泣くよりは」を
うたう声が震えてしまって、今にも涙が出てしまいそうでした。

その後、火事で大幅に焼けてしまったエリアにある仮設住宅を訪れたのですが、
こちらでも、元気そうにされているみなさんが
今もなお悲しみの中におられ、
さらにさまざまなな苦しみを抱えておられることを感じました。

高校生の歌を聴いて、私自身もアカペラを歌わせていただいて、
歌のパワーを感じるとともに、被害を受けたエリアを見学し、
自然の脅威と自分の非力さ、いろいろな思いが複雑に絡みあい、
とても切ない気持ちになりました。

 仮設の商店街を訪れたときは、
お寿司やさんの店主のお話を伺いました。
長年の常連さんのほとんどが、今は仕事ができていないから
店に来ることができず、外からきた私たちのような
お客が来ることはとても助かっているとのことでした。

まだ漁港は完全に復興していないので、
魚を仕入れるのも大変だろうと思われる状況でのコメントでした。

また、コロッケ屋さんにも行きました。であった
70をこえるおばあちゃんからは、津波から走って逃げたこと。

そして振り返ったら誰もついてきていなかったから、
もうみんな避難したんだと思ったら、そうではなかったこと。

そして、実際津波が来たとき、波にいろいろ
飲まれていく状況をみたことなどを伺いました。

そのおばあちゃんは、「いろいろイベントなどは来てくれるけど、
店があるからみにいけない」と仰っていましたので、
おばあちゃんの前で、アカペラをうたいました。

その時の、おばあちゃん、たまたま隣にいた花屋さんのおばさんの
嬉しそうな顔は忘れられません。

その夜は、なんでも願いがかなうといわれているブルームーンが、
漆黒の空の中に輝いていました。

次回はもっともっとお役にたてるように普段から精進したいと思います。

(Street Corner Symphony 中村 百恵)
posted by wavoc-shien-team at 22:10| Comment(0) | サークル・体育各部

気仙沼ボランティアを終えて(SCS)

 今回の気仙沼での音楽ボランティアに参加して1番に思ったことは、
「メディアを通して知ることと、実際に現地に行って感じることは全く違う。」ということでした。

東日本大震災発生から1年と半年経った今では、
だんだんと3.11は過去の出来事と変わり、
今では新たな地震がいつどこで起きるか、
ということに関心がいってしまっているように思えます。

しかし、被災地の方にとってこの災害は過去のことではなく、
現在でも苦しみながら向き合っていることなのだということを痛感しました。

仮説住宅には小さな子どもからお年寄りまでが
狭い空間に住んでいました。

東京で、テレビで見ていたときには、
仮設住宅とは家がなくなってしまった人にとって
最善の策ではあるというイメージでしたが、
実際に訪れ、狭い空間に生活している方にお会いすると、
なんとも胸が苦しい気持ちになりました。

被災以前から全く違った生活を強いられ、
プライバシーなども守れないと感じたからです。

一刻も早く、少しでももとの生活に戻れればよいな、
自分もそのために何か動かなければ、と強く思いました。

そんな状況にも関わらず、私達を笑顔で歓迎してくださる住人の方々、
歌を聞いて涙してくださるお年寄りの方、
屈託のない無邪気な笑顔を向ける子ども達。

そんな人たちの心の温かさと前を向く強さに感動しました。

街を見ても被災の被害のつめあとの大きさを
1年半経った今でも感じる場面がいくつもありました。

一見復興したように見える道路をよくよく見てみると、
多くのガラスの破片が散らばっていました。

まだ水が溜まってしまっている部分やがれきなど、
津波の面影が数多く残っていました。

道路にまだ乗り上げたままの船やその裏の土台だけ残った家を見て、
本来ならここで生活していた人がいたのだ、という現実を見ました。

復興は確実に進んではいるけれど、
まだまだ足りない部位だらけなのだ、と感じました。

しかしこのような状況の中で、
明日に踏み出している人が数多くいることに対して、非常に感動しました。

仮設商店街へ行ったのですが、津波により店が流されてしまったが、
復興のため店を出そうという意志ある人が集まり、
現在約50店舗ほどで運営していました。

商店街の方からの「またおいで」の言葉がとても嬉しかったです。

今回、アカペラによる音楽ボランティアということで、
気仙沼のいくつかの場所で歌わせてもらい、
東京から少しでも元気を届けられたら、と思い活動しました。

実際に歌で元気を届けられたか、
役に立つことができたかは分からないけれど、
自分が被災地に足を運び、
自分の目で被災地を見ることができたことは
意味のあることだったのではないか。

今東京にいる自分が出来ることは、
少しでも被災地の現状を伝え、
風化しないようにすることだと思います。

また、これ以外でも、
これからも積極的にボランティアに
参加していきたいと考えています。

(Street Corner Symphony 高地 美希)

posted by wavoc-shien-team at 22:00| Comment(0) | サークル・体育各部

2012年08月26日

歌がつないだ出会い

 早稲田大学混声合唱団39名のメンバーと、
岩手県立高田高校の合唱コンクールや第二高松園で歌を歌いました。

 高校では、いきものがかりの「YELL」を歌ったのですが、
その後工藤校長先生から先生方が涙を流されていたとお伺いし、
胸がしめつけられる思いでした。
第二高松園では、皆さんの楽しそうな笑顔が忘れられません。

そして、「ありがとう」「また東北にいらしてください」と
お言葉をかけていただき、私達の歌で
少しでも楽しんでいただけてよかったと思いました。

 音楽ボランティアの合間には、
津波の被害をうけた当時の高田高校校舎へ見学に行きました。

震災後、私は初めて東北を訪れたのですが、
テレビなどメディアを通して知ることとは訳が違う、
肌に当たる生温かい風、落ちているランドセル、
色あせてしまった写真など、言葉をのみ込んでしまう風景がそこにありました。



 しかし同時に、かつてここに通っていた生徒のみなさんが、
移転先の学校でも笑顔で歌っていた姿を思い出し、
本当につらくてもみんなで前を向いて、ここから進んでいるのだなと感じました。

 旧高校校舎の静かすぎる光景はもの悲しかったけれども、
だからこそ数時間前に見た高校生たちの元気な「おはようございます!」という挨拶や、
歌っている時の笑顔をより鮮明に思い出され、勇気をもらいました。


東北ではたくさんの出会いがありましたが、
ひとつ心に強く残る出来事がありました。
気仙沼の南町紫市場へ行った時のことです。

 地元の方々やボランティアの方々との交流がありましたが、
「あさひ鮨」というお店でご同席したお客さんと、
お店の方にはご厚意で名物のフカヒレ寿司をいただきました。
(これがとっても美味しかったのです!)

 また、色々とお話をしているうちに、早稲田大学に由縁のあるということで、
その場にいた1年生5人で校歌を歌いました。

すると手を叩いて喜んでいただき、
「ありがとう」と握手までしてくださいました。

被災地の現状を目の前につらくなる場面もありましたが、
みなさんの温かい笑顔や言葉が、そこには確かにありました。

 短い時間でしたが、歌を歌うという形でボランティアに参加したことで、
歌えることの幸せや歌の持つ人を動かす力、
そして実際に行ってしか感じることのできない東北の現在の状況を改めて知りました。

 たくさんの気持ちが心をめぐった一日でしたが、
実際に現地へ行って見て聞いて感じ、

またそれを伝えてゆくことが大切なのだと強く感じました。

今回の活動を通して出会ったみなさんに、心から感謝します。
法学部1年 高坂 永
posted by wavoc-shien-team at 00:00| Comment(0) | サークル・体育各部
Powered by さくらのブログ
タグクラウド