2013年10月07日

継続的なサッカー大会運営支援の必要性

 今年も昨年に続き、上長部地区にある気仙小学校仮設グランドにて「早稲田カップ」を開催しました。昨年は岩手県の小学生チーム4チームと宮城県の小学生4チームの参加で1日のみの大会でしたが、今年は岩手県から小学生8チーム、中学生・成人4チームも参加して、2日間にわたる大会を運営することが出来ました。あいにく2日目は台風の影響もあり、雨天の中での実施となりましたが、予定どおりに予選リーグ3試合、順位決定戦、フレンドリー戦の運営、そして地元の成人チームとの交流試合も行いました。

 元サッカー日本代表キャプテンで校友の加藤久氏にご協力いただき、本学からア式蹴球部の20名が大会運営スタッフとして活動し、前日のグランド整備、テント設営、ライン引き、ゴールポストの組立補助、大会終了後のグランド整備、テント撤去を行いました。さらに大会中は事務局本部運営業務に加え、8つの小学生チームに2名ずつ部員が担当して試合の審判を行うと共に、試合以外の時には技術指導等も行いました。昨年も参加した部員たちは、久しぶりに会った子供達の成長ぶりに驚きながらも抱き合って再会を喜んでいました。今年は参加チームも増え、協賛メーカー(アディダス ジャパン)のご厚意により初日(14日)の昼食は全員でジンギスカン鍋をご馳走になりました。選手、指導者や父兄の方々、そして早大生も楽しい交流パーティに参加させていただき、各チームの指導者や子供たちからは「こんなに恵まれた楽しいサッカー大会は初めてです。」という、とてもうれしい声を聞くことができました。

 昨年度は「ヴァレンテとおのサッカースポーツ少年団」が圧倒的強さで優勝し、震災で大打撃を受けた沿岸部チームとの力の差があまりにも大きかったのですが、1年が経過した今年度の沿岸部の子供たちの成長は大変著しく、「高田フットボールクラブ」も「FCサン・アルタス大船航」も共に内陸部のチームに走り勝っていました。決勝戦は優勝候補の「ヴァレンテとおの」と「FCサン・アルタス」との手に汗握る大接戦となりました。前後半でも延長戦でも勝負がつかず、最後はPK戦で「FCサン・アルタス」が勝ちました。このゲームを通じて早大4年生のS選手が「気持ちをのせたプレーは人の心を動かすのだ、と改めて学ばせていただきました」と語っていたのも印象的でした。試合終了後、目にうれし涙を浮かべて喜ぶ「FCサン・アルタス」の子供たちの姿がとてもさわやかであったと共に、悔しくてたまらず泣きじゃくる「ヴァレンテとおの」の子供たちと彼等の健闘をたたえて励ますコーチの姿を拝見し、心が洗われると共に「様々な不自由な環境から解放されて、思い切りスポーツが毎日楽しめるような日常の日々が1日も早く戻って来てほしい。」と願わずにはいられませんでした。

 東日本大震災から2年半が過ぎ、陸前高田市内においても防災集団移転事業としての団地および関連道路整備工事が複数の地域で始まりました。仮設住宅での生活でストレスをたくさん抱えている子供たちの住環境に加え、建設工事現場の拡大とトラックの運行により、子供たちにとっての空間の遊び場の喪失と道路交通事情の更なる悪化により、今後はますます精神的にも肉体的にもストレスがたまってゆくことが予想されます。そのような状況の中において私達も地域の復興とともにスポーツが伸び伸びできる環境整備を心から願うと共に、大学としてスポーツを通じ、少しでも子供たちに夢と希望を与える継続的な支援活動を続けていきたいと、心から願っております。

<WAVOC 橋谷田雅志>




3-1.jpg

開会式における選手宣誓



3-2.jpg

予選リーグ、決勝リーグを通じて熱戦が繰り広げられました。



3-3.jpg

試合の合間にジンギスカン鍋を楽しむ子供たち
posted by wavoc-shien-team at 16:34| Comment(0) | サークル・体育各部

2012年12月09日

野球部が福島県で野球交流

野球部は、1月の岩手県、8月の宮城県に続く
3回目の震災復興支援ボランティアを福島県で行いました。

yakyu.jpg

福島県での開催に当たり、野球部OBで岡村監督の同期である亀岡先輩、
及び校友会福島県支部長の須佐先輩にも大変なご尽力を頂戴しました。

各地の開催規模は、相馬市の相馬東高校で参加6校で74名、
郡山市の安積高校で参加10校で104名、
いわき市の磐城高校で参加17校で152名です。

非常に寒いコンディションでありましたが、各地では心温まる歓迎を受けました。

最初の訪問地である相馬市では、バスの中で現地をご案内いただきながら体験談を伺いました。
「津波警報で家内と孫二人と一緒に避難したものの、そこにも津波が押し寄せてきた。
その瞬間、家内を助けるか孫を助けるかの選択を迫られ、結果的に孫しか助けられなかった。」
という苦渋の決断をした体験に、皆、言葉を失い、涙を流して震災のむごさをあらためて知りました。

今回の参加メンバーは、東條キャプテンをはじめ
新4年生を中心に構成されました。

一つ一つの技術を丁寧に教えるとともに、
高校生たちにファーストネームで語りかけ、
兄貴的存在として見事に心を掴んでいました。

yakyu2.jpg

また、浪江町出身で甲子園の常連校である聖光学院出身の横山投手も参加しました。
非常に寒い中でありましたが、地元の高校生のために模範ピッチングを披露するとともに、
変化球の握り方等を指導しながら積極的に語りかけてくれました。

交流後、メディアへのインタビューで横山選手が
「福島のことが忘れられないように自分がプレーで目立ちます。」と
力強く語っていたのが、非常に印象的でした。

また、甲子園5期連続出場を果たした智弁和歌山出身の道端捕手も参加し、
ボールをマスクにぶつけて捕球時に目を閉じない訓練というユニークな指導も行いました。


yakyu3.jpg


震災後の津波被害のみでなく、福島第一原子力発電所の爆発事故により引き起こされた放射能汚染、並びにその影響で様々な風潮被害で苦しんでおられる福島県。

原発事故の影響や部員不足といった問題をかかえながらも
甲子園を目指す高校生たちに大きなエールを送れていたらば、幸いです。
大学生たちも、高校生やお世話になった方々から学んだことが多く
それは生涯、忘れることのできない経験に違いありません。

私自身も微力ではありますが「夢と勇気」につながる働きを、
WAVOC一丸となって続けていきたいと強く感じました。(橋)


posted by wavoc-shien-team at 22:00| Comment(0) | サークル・体育各部

2012年10月13日

早稲田大学混声合唱団・2度目の田野畑村訪問

昨年に引き続き、早稲田大学混声合唱団の学生10名が田野畑村において
素晴らしいハーモニーを披露しました。

今回は、「いわて三陸 海と大地の復興フェスタin田野畑&田野畑村復興祈念祭」の
中夜祭にゲスト出演させていただきました。

tanohata01.jpg

中夜祭は16:30よりアズビィホール前の特設会場にて始まり、
まず復興の灯り点灯式が行われました。
ここでは、「思惟の森育林」の学生たちも頑張っていました。


続いて田野畑小学校児童8人による復興へのメッセージが語られ、
田野畑中学校生徒による復興太鼓が披露されました。

その後、岩手県大槌町出身の臼澤みさきさんのライブ、
盛岡市内の小学生アカペラグループエリアによるコンサートに続いて、
早稲田大学混声合唱団の合唱がはじまりました。

この日は以下の12曲目を歌いあげました。
@おんがく、A鴎、B夕焼け小焼け、C朧月夜、Dふるさと、
E夢見たものは、F歩くうた、G寂庵の祈り、H青い山脈、I北国の春、
J星影のワルツ、Kアメイジンググレイス。

tanohata02.jpg

 岩手県民にとって千昌夫さんは特別な存在で、
「北国の春」と「星影のワルツ」を歌ったときには、一際大きな拍手が起こりました。

12曲目を歌い終えた後、エリアと合唱団が一緒にフィナーレとして
「上を向いて歩こう」を合唱し、中夜祭は閉幕となりました。

秋空の下、ときどき寒風が吹く野外会場での演奏で、
出演者もお客さんも少し肌寒さを感じたものの、
心の中には温かい感動が胸を打ったことと思います。

tanohata03.jpg

 昨年に続いて参加した学生もおり、合唱の前後に束の間ですが、
村民との旧交を温めることができました。

被災地支援という意味もありますが、
懐かしい友人に再会できることも、
継続した活動の素晴らしいところです。

子ども達からは、また来年も来てねとの声をかけてもらい、
田野畑村への再訪を誓った学生たちでした。

田野畑村と早稲田大学の交流はこれからも続くことでしょう。 (山)


posted by wavoc-shien-team at 00:00| Comment(0) | サークル・体育各部
Powered by さくらのブログ
タグクラウド