2014年01月20日

風化防止のためにも、発信が必要!!

 昨年に続き、気仙沼にて「早稲田カップ」を開催しました。昨年は気仙沼小学校が会場でしたが、今回は学校行事の関係で、新月中学校での開催となりました。今年は新たに一関から「中里フレンズ」、小泉から「小泉サッカースポーツ少年団」も加わり10チームとなり、変則トーナメントにより予選リーグを行いました。さらにフレンドリー、成人有志と早大生チームとの交流試合も行い、あっという間の2日間でした。

 今回は加藤久先輩が海外出張で不在でしたが、加藤氏と交流を続けておられる気仙沼サッカー協会の皆様にご協力を頂きながら、ア式蹴球部の15名が大会運営スタッフとして活動し、グランド整備、テント設営、ライン引き、大会終了後のグランド整備、テント撤去を行いました。さらに大会中は事務局本部運営業務に加え、審判、チームの応援を行うと共に、サッカー教室も開催しました。夜には地元の指導者(約20名)や気仙沼稲門会の方々、ア式蹴球部OB、現役部員による交流会を開催して全員が自己紹介と一言スピーチを行い、今までにない盛り上がりを見せた親睦会となりました。

 今年は鹿折FCが決勝で、昨年度の優勝チーム大谷谷FCを2対1で破って見事に優勝し、3位にも気仙沼シャークスが入り、1位から3位までを沿岸部のチームが独占しました。震災後、加藤氏がJFA復興特任コーチとして頻繁に沿岸部を訪れ、子供や監督、コーチへの熱血指導を繰り返し、地域全体のレベルが相当、上がってきていることと思われます。これからの子供たちのレベルアップが益々楽しみです。しかしながら、現状では気仙沼のすべての中学校には仮設住宅が建っているために、彼らが今後もサッカーに打ち込める環境が整うことを祈るばかりです。

 今回の早稲田カップは公式リーグ戦の合間で開催されたこともあり、今まで試合や遠征と重なって参加できなかった次期主将の近藤キャプテン含めて、今回はレギュラーメンバーも5名参加してくれました。部員ひとりひとりにとっても、大学では伺うことのできない貴重な体験話を伺うことができた機会でした。交流会での指導者による自己紹介で伺ったように、たくさんの指導者や子どもたちが、残念ながら津波で家や家族を失っています。私達は、参加した学生とともに被災地において見て感じたこと、聞いて感じたこと、教えていただいたことに加え、様々な悲しみや苦しみを負いながらも懸命にボールを追いかける子どもがたくさんいることを心の中にしっかり受け留め、東京での発信業務を継続しいくことが大切です。大学としてスポーツを通じ、少しでも子供たちに夢と希望を与える継続的な支援活動を続けていきたいと、心から願っております。<WAVOC 橋谷田雅志>


20140120-1.jpg

20140120-2.jpg

20140120-3.jpg
posted by wavoc-shien-team at 13:57| Comment(0) | サークル・体育各部
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

Powered by さくらのブログ
タグクラウド