2013年10月08日

震災から2年半 <文学部3年 Y.S>

 今回は、震災があった2011年から毎年我がサークルがWAVOCのボランティアプロジェクトの一環として被災地に赴いているその3回目となるボランティア活動でした。今回大きく感じた事は、震災から3年が経ち瓦礫の撤去などもかなり進んだ中でも、潜在的に存在している問題はまだまだ残っているということです。今回文化祭に出演させて頂いた高田高校も、現在は大船渡市の高校の校舎を使用しているために通学にかなり時間をかけている生徒がいることや、まだまだ仮設住宅に残っている方がいらっしゃる事など、被災地の復興に対する支援がまだまだ足りていない事を実感しました。しかし、今回私たちも「コンサート」という形でしか今回は関われなかったためにそういった問題に「知る」という形でしかアプローチできませんでしたが、たとえそうでも音楽サークルとして「音楽」を通じて「東京の人間が被災地に赴く・関わる」という事そのものにも意味があるという事も、今回学んだ事の一つです。「こうして毎年来て頂ける事が本当に有難い」という先生方のお声も頂いて、どういった形であれ今後も継続してボランティアとして現地の方に関わっていく事もまた必要なことだと感じています。

<文学部3年 Y.S>



4-1.jpg


4-2.jpg


4-3.jpg
posted by wavoc-shien-team at 14:58| Comment(0) | サークル・体育各部
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

Powered by さくらのブログ
タグクラウド