2013年10月08日

復興支援インターンシップを経験して感じたこと (創造理工学部3年 T.M)

 震災から二年半が経過した今もなお、様々な形態での支援が必要とされている状況ではありますが、ある程度がれき撤去などが進み、全く被災体験をしていない「被災地外」にいる私たちが当時の状況を窺い知ることが出来ないほどに当時とは状況が異なっていたので、様々な方から「被災体験」のお話を伺いましたが、自分の想像力の働く範疇を越えていたこともあり実感は湧かず、また、一口に被災地の現状といっても、自分が現在置かれている状況により捉え方は全く異なるので、私たちが被災地に暮らす人々から直接聞いた話からは、現状を把握することが出来なかった、という感想を抱きました。

 今回のプログラムでは、私たちは「及善商店」という主にかまぼこを製造する水産加工会社に復興支援インターンシップ生」として研修に伺わせて頂き、かまぼこの製造から商品として形になるまでの過程で、揚げたかまぼこを整理して冷蔵庫まで運ぶことや、商品の包装など、私たちでも携われることをさせて頂きましたが、まず苦労したのは先方の企業の方々との人間関係でした。私たちが置かれている立場が特殊なこともあり、お互いにどう接してよいかわからず戸惑った場面が少なからずあったように思います。しかし、どのような仕事であれ、生産活動の一端を担わせてもらうということはお客様に商品をお届けする、という同じ目的と場、時間を共有しながら一緒に働くことであり、研修させて頂いた期間は短かったものの、現地の人たちの世界に入り込むこと、また、人間関係の形成をすることが出来たように感じました。


1-1.jpg
図1 かまぼこ製造ラインの様子


 また、会社の定休日に陸前高田や気仙沼などの南三陸町以外の被災地に連れていって頂き、それぞれの被災地に関する現状の相違点に関する説明を受けました。また、物資による支援をする場合、現地では何が必要なのか的確に把握する必要があるというお話や、これからもしばらくは変わらぬ生活が続いていく中で、被災地外の人間が、被災地の住人は既に元の生活を取り戻したと考え、被災地について忘れ去ってしまうことへの憤りを口にされ、それが強く印象に残りました。


1-2.jpg
図2 見学した気仙沼の仮設商店街の様子


 復興庁の方のお話では、これからの情報発信が大事であり、それによって仲間を増やすことで風化を食い止め、また継続的な取り組みをしていくことが「復興」のためになるとおっしゃっていたので、安易に被災地の現状はこうである、という答え「らしき」ものを出して思考停止状態に陥らずに、継続的に被災地について学びながらどのような情報を発信すべきか考え、そして、実際の行動につなげていこうと思っています。

(創造理工学部3年 T.M)
posted by wavoc-shien-team at 10:48| Comment(0) | イベントの運営手伝い
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

Powered by さくらのブログ
タグクラウド