2013年09月10日

第62回気仙沼みなとまつり


 今年もまた51名の学生と4名の教職員、合計55名で「気仙沼みなとまつり」へ行ってきました。

 8月10日(土)、11日(日)の2日間にわたり5万人以上の人々で賑わったお祭りを全員で楽しみながら、本部テントの設営、エコステーション係、観光案内所での物品販売補助など、主催者側のお手伝いをさせて頂きました。

 初日は昨年同様、海岸の港町地区ではなく、現在の市の中心である田中前広場にてオープニングセレモニーが開催されました。その後は街頭パレードが行われ14団体、約900名が参加、迫力ある演奏と勇ましいパレードが繰り広げられました。パレード終了後、なんと本学の気仙沼学生チームが作詞・作曲し、振り付けを考えた「ホヤぼーや体操」もステージ披露され、市民の皆さんから大きな拍手を浴びていました。

 その後、「はまらいんや踊り」も同会場で開催されました。51団体、2,600名以上の参加者による3時間におよぶ踊りと生演奏の音楽は迫力満点で、初めは見ていた者もついついその輪の中に引きこまれていきました。そんな魅力あふれる踊りに触れ、私たちは気仙沼の魅力にすっかり取り込まれてしまいます。26名の気仙沼学生チームのメンバーも練習を重ね「はまらいんや踊り」に参加し、お世話になっている市民の皆さんと精一杯踊っている姿が印象的でした。参加者の一人で気仙沼学生チームの代表である嘉戸さんが「地域の伝統的な催しに、地元の人だけでなく我々のような外部の者も大声を上げて汗を流す姿を、市民の方々もうれしそうに眺めていました。自分もそうですが、震災がなければこうして踊りの輪に加わることがなかった方々もいるはずです。この様子は震災を乗り越えて気仙沼が再び立ち上がるまでに必要な縮図だったのかもしれません。『その地域の持つ魅力を、地元の方とそこに携わる方がともに築き作り上げてゆく』、今後の復興に求められるのはこういったものかもしれません」と語ってくれたことが非常に印象的でした。 

 被災した港町地区の復旧工事も徐々に進み、まつりの2日目に開催された総勢800名におよぶ打ちばやしの競演も海辺のステージに戻ってきました。このお祭りは、地元の方々にとってはなくてはならない故郷の行事であり、毎年6月になると人々の胸がわくわくし始めるようです。

 東日本大震災から約2年半が経過し、地域のお祭りも復活するとともに気仙沼の「顔」の内湾地区における被災市街地復興土地区画整理事業も事業認可に向けて動き始めています。しかしながら、一方では地域によっては復興住宅の建設地確保が進まなかったり、仮設住宅を出て引っ越す方々が増えて地域コミュニティの継続が難しくなると共に被災者の方々の格差が目に見えて広がってきたりして、なかなかメディアでは報道されない課題も山積しています。しかし、こうして様々な角度から見た被災地の様子や、自分たちが感じたことを家族や友人に伝え情報発進を行うことも、被災地の方々のためにできることであり、震災の風化防止のための大きな役割だと考えます。ぜひとも、皆様方にも一刻も早い東北の復興を願いつつ、継続に無理なく復興支援に関わり続けていただけたらと願っております(橋谷田)。
 

minato1.jpg

気仙沼プラザホテル前のエコステーションにて


minato2.jpg

田中前大通りでの「はまらいんや踊り」


minato3.jpg

復旧工事の中で、海辺のステージに戻って来た「気仙沼みなとまつり」
posted by wavoc-shien-team at 12:34| Comment(0) | イベントの運営手伝い
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

Powered by さくらのブログ
タグクラウド