2013年06月11日

新年度第1回気仙沼幼苗採取ツアー開催!!

6月1日(土)、気仙沼市震災復興市民委員会委員の千葉先生にご案内いただき、気仙沼市前浜地域にお邪魔しました!

 現在、前浜では津波により流されたコミュニティーセンターを住民主導で再建するプロジェクトが進行しています。建設委員長の畠山幸治さんからもご案内いただき、その作業現場も見学させていただきました。
 このコミュニティーセンターでは、津波をかぶった地元の杉が利用され、さらに大黒柱には山形県最上町から寄贈されたコブシの大木が使用されています。


照葉樹林2-1.jpg

(前浜マリンセンター建設現場)


 センター見学後は、地域に自生しているツバキなどの幼苗を採取しました。これらは今年の9月頃に開催予定の防潮林づくりのために使用されます。
 前浜地域は三陸リアス特有の起伏の激しい地形をしています。そこに暖流の影響で自生していると考えられる東北には珍しい照葉樹が多く自生しています。その一部を関東に持ち帰って育苗し、今後前浜など気仙沼での防潮林づくりをおこなっていくのが、私たちのプログラムの目的です。


照葉樹林2-2.jpg

(林道の脇でツバキなどを採取)


照葉樹林2-3.jpg

(前浜で育てるツバキのポット苗)


 今回は年内に植樹するため、かなり大きめの苗木を中心に採取しました。そのなかでも大きなものは、ビニールポットに入りきらなかったため、試験的に植樹してみました。きちんと根付いてくれることを願ってやみません。

照葉樹林2-4.jpg

(津波をかぶった場所にツバキを植樹)


 ポット苗づくりと植樹が終わると、今回植樹地をご提供くださったお宅のお母様と急きょお茶会が。今回の津波で2階部分まで浸水したことなど、貴重なお話を聞かせていただきました。

 今回採取した苗木のうち、シロダモなど約百本を早稲田キャンパスに持ち帰ってきました。これらは今後、本庄キャンパスに移動させ、附属高の本庄学院高校の参加者の皆さんと育苗していきます。いつか気仙沼で大きな木に育つよう、大事に育てたいと思います!(廣)
posted by wavoc-shien-team at 15:55| Comment(0) | 海の照葉樹林プロジェクト
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

Powered by さくらのブログ
タグクラウド