2012年12月16日

陸前高田6便活動してきました


今回は、参加者の大半がボランティア活動に初参加という状況でした。

1日めの陸前高田では雨天のために
途中で作業を切り上げなければなりませんでしたが、
陸前高田市役所前の側溝の泥だしを行いました。

P1030610.JPG

震災発生時、多くの方が避難しましたが、
巨大な津波が到達し流された地域です。
復興都市計画のため、土地のかさ上げをする予定です。

ご遺族からの「このまま何もしないでかさ上げされては、悔いが残る。」
という思いに対して、ボランティアが作業をすることになったとのことです。

その意味や想いを私達なりに考えながら、
一生懸命作業しました。

夕方にはシンポジウムで御来校いただいた
「すがとよ酒店」の菅原さんを訪ね、
当時の体験や近況の心の変化などをお伝えいただきました。

2日目は今回の津波により全壊した
気仙沼向洋高校の狩野教頭、畠山先生から
震災当日のお話を伺うとともに、
被災した校舎をご案内いただきました。

P1030766.JPG

震災のむごさに、皆、言葉を失いました。

先生方の「命の大切さ」「風化してゆくことに対する恐れ」
というメッセージを、しっかりと受け止めていました。

第2回目の塩つくり体験も実施しました。
また観光協会、気仙沼市役所及び語り部の方々との交流も行いました。

学生からは「自分たちで作った塩でゆで卵を食べたい。」
「薪割りでヒヤっとしたので、安全面の対策が必要では?」
「私は福島出身だが、気仙沼の美しい海にはびっくりした。
この美しさをもう少しアピールして震災に負けないで観光客を取り戻してほしい。」
というような意見がありました。

ハングル塩.JPG

学生には、被災した地域で復興に向けて日々活動されている方々との交流を通して、
自分たちの果たすべき役割を考えているようでした。

WAVOC派遣プログラムの参加者は減少傾向にありますが、
学生達が活動を次につないでくれればと願っています。(橋)


posted by wavoc-shien-team at 22:00| Comment(0) | 泥かき・がれき拾い
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

Powered by さくらのブログ
タグクラウド