2012年10月28日

はまらいん気仙沼ウォーク

今回の活動は、はまらいん気仙沼ウォークというTBCラジオが過去に
30回も開催しているイベントのお手伝いを行いました。

当日は小雨がぱらつく天気の中、600人もの参加者が集まり、
被災した気仙沼市内6kmのコースを歩きました。


復興ウォーク.jpg

<写真1:スタート地点から歩き出した参加者の行列>


宮城県で大人気の藤沢智子アナウンサーが市内の特設スタジオにて
メインパーソナリティを務め、松尾武アナウンサーと大久保悠アナウンサーが
参加者と一緒に歩きながら中継を行いました。

また、橋本茂善気仙沼観光コンベンション協会事務局長が
市内の名所のガイドをしてくださいました。

気仙沼w02.jpg

<写真2:気仙沼市内を歩く参加者の行列>


今回のイベントでは、地元の気仙沼向洋高校の生徒が
参加者の先導役を務め、早稲田大学からのボランティア18名は、
歩行者の誘導や安全管理の業務を担当しました。


コースの下見の最中、高校生と大学生が話しながら歩くシーンがあり、
少しだけですが交流の機会がありました。

沿道や交差点に待機し、参加者に声掛けをしたり、
逆に感謝されたりの言葉のキャッチボールが見られ、
寒空の下ではありますが、
温かい時間を過ごすことができたのではないかと思います。

また、早大生のためにイベント終了後、
藤沢智子TBCアナウンサーと大井健朗TBCアナウンサーが1時間半に渡って、
「震災後の報道について」のセミナーを開催してくださりました。

震災直後からのTBCラジオの活動状況や、
被災地での取材活動を通じて感じたことなど、
体験談に基づいて語ってくださいました。

また、ご同席された気仙沼向洋高校の先生方からも
お話しをいただき、被災地で活動する際の
貴重なアドバイスを頂きました。

参加学生のコメントを記します。

「とても楽しいイベントで、今回も素敵な出会いがたくさんあった。
復興の目途が立っておらず、不安に思う方も少なくないと思うが、
このようなイベントに楽しく参加出来ることは大変良いことだと感じた。」(国教3年)

「地元の高校生や教頭先生のお話しをウォークの下見の時に
たくさん聞けたことが今回の活動で印象に残った。
気仙沼の名物であるサンマを利用して高校生が缶詰を自分たちで作って
文化祭や市のお祭りで売るという活動を楽しそうに
イキイキと話してくれてすごく嬉しかった。」(社学3年)

「市民の笑顔が印象的。気仙沼以外のところからいらしている方もいましたが、
みんな気仙沼が好きという気持ちは同じで、
私も警備しながらも歩いている方とともに気仙沼を楽しむことができた。」(先進理工1年)

「TBCラジオの方のお話を聞かせて頂いて、
各方面で震災を受けて行動をしている方がいることにあらためて気づいた。」(商1年)

「被災された方のお話を聞くことがとても大切なことだとあらためて感じた。
そのお話は被災地の全てを語っているわけではないけれど、
紛れもない事実を示していて、それをどのように自分が解釈して
飲み込んでいくかがこれから自分がすべきことだろうと思った。」(教育3年)

気仙沼03.jpg

<写真3:参加者を誘導する早大生ボランティア>

(山)
posted by wavoc-shien-team at 23:00| Comment(0) | イベントの運営手伝い
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

Powered by さくらのブログ
タグクラウド