2012年06月03日

1年3ヵ月が経つ陸前高田市での活動

 2012年6月2日(土)、本学学生32名および教職員4名が陸前高田市を訪れ、
ボランティア活動を行いました。
活動内容は、津波で建物が流されてしまったお宅の草取りや小さながれき撤去です。
伺った場所のすぐ前は海で、おそらくは相当な高さの津波が押し寄せたと思われますが、
敷地にはもう家屋はおろか土台もなく、ただの原っぱと見まがうほどでした。
 
 私たちが到着すると、Sさんというそのお家の方が迎えてくださいました。
Sさんは今は近くの仮設住宅に住んでいますが、
毎日自分の家があったこの場所に足が向くそうです。
Sさんの案内で私たちは草取りを始めました。みんなせっせと草取りに励み、
敷地はどんどんきれいになっていきました。
しかし、私たちは大変なことをしてしまっていたのです。
何人かの学生が雑草だと思って抜いたもののなかには、
Sさんが大切に育てていたカボチャや花の苗があったのです。
Sさんは苗があったはずの場所にうずくまってしまい、学生もその横に立ち尽くし、
途切れ途切れにお詫びの言葉を発するのがやっとでした。

rikutaka01 (1).JPG

すべてが流されてしまった自宅にわずかな野菜や花を育て、その実りを心の支えにしていらっしゃる、
そのSさんの大事な楽しみを私たちは壊してしまいました。
知らなかったとかよかれと思ってやったというのは理由にはなりません。
「私たちは一体何をしに来たんだろう。これではただの迷惑ボランティアじゃないか。」
 それでもSさんは、1日の活動を終えた私たちに向かって
「みんな私の孫みたいなもんだ。来てくれて本当にありがとうね。」と言ってくださいました。
その日のふりかえりで、1人の学生が言った言葉が忘れられません。
「人の気持ちに立って行動するってどういうことか、ということを
常に考えることが大事なんじゃないか。」

私たちの多くは普段は東京にいて、被災地のことはメディアなど限られた情報でしか知りません。
今回のように、善意で行ったことが結果として被災者を悲しませることになってしまう、
そういうことを二度と繰り返さないためには、東京にいても、
常に心をそちらに傾ける努力をしていることが大事なのだと思いました。

 私たちが活動を終えて3週間が経った頃、Sさんからお葉書をいただきました。
「畑に育ったナスやカボチャを学生さんたちに食べさせてあげたいです。」と書かれていました。
何名かはそれぞれにSさんに返事を出したそうです。
今回、陸前高田に行った学生たちには、今回のことをずっと心に留めていてほしい、
そして彼らが「自分はどう生きるべきか、どういう人間になりたいのか」と
自身の心に問いかけるようなときに、その方向を示すようなそんな経験にしてほしいと思いました。 (信)

 rikutaka01 (2).JPG
posted by wavoc-shien-team at 00:00| Comment(0) | 泥かき・がれき拾い
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

Powered by さくらのブログ
タグクラウド