2014年03月03日

音楽っていいね

2/28~3/3

合唱団みやこによる音楽ボランティア活動


今回合唱団みやこは宮古第一中学校,河南仮設住宅集会所、中里応急仮設住宅集会所,
三陸鉄道宮古駅にて活動を行いました。

今回もスタンダードな合唱に留まらず、ギター、フルート、カホン等による伴奏や、
歌謡曲などのレパートリーを幅広く用意し、ひとりでも多くの方に私たちの合唱を聴いて頂き、
また一緒に歌うことを通じて楽しんでいただきたいと考えて準備してきました。

<参加者の声@>
宮古一中では,7名の合唱部員と一緒に「花は咲く」を歌い,交流しました。
最初は気恥ずかしそうにしていた部員たちですが,歌詞についての話し合いや歌を通じて少しずつ
打ち解け,最後には皆で素晴らしい合唱をすることができました。
次の河南仮設は三回目の訪問ということもあって顔を憶えていてくださった方も多く,終始
フレンドリーな雰囲気で演奏,交流を行いました。
中里応急仮設は初めての訪問でしたが,歓迎していただきました。
お話した中で,ある方が「やっぱり今でも気が付くと震災の話題になってしまう」と仰ったのが
印象的でした。
そして三陸鉄道では,宮古〜小本の往復間で車内での演奏を行いました。
地元の中学校や高校の卒業式だったということで多くの学生が乗車しており,
あまちゃんのテーマなど三陸鉄道にちなんだ曲で祝福しました。
この様子は3/2の毎日新聞に取り上げられました。



<参加者の声A>
りあす亭では,ひな祭りイベントの一環として演奏を行いました。予想を超える約60名もの方々に
お集まりいただき,合唱曲の演奏や,馴染みのある曲を一緒に歌うなどして大いに盛り上がりました。
この様子はスピーカーから商店街中に流れ,多くの皆様が
「音楽って良いね」
と仰ってくださったそうです。
涙を浮かべる方の姿もあり,被災地における音楽の重要性を感じました。
午後に訪問した二中仮設は三度目の訪問で,「今年も来てくれるかな」と心待ちにしてくださって
いたそうです。
毎回お世話になっている自治副会長の中島さんにも再会し,
「ボランティアの皆さんが来てくださることで,少しずつここの人たちも元気になってきている」とのお話を伺いました。
冬場は特に寂しい気持ちになるとのことで来年も同じ季節に訪問しますと約束しました。
今回訪問したいずれの場所でも,「また来てほしい」との声をいただきました。
改めて,今後も活動を続けていこうと思いました。


posted by wavoc-shien-team at 00:00| Comment(0) | 音楽ボランティア
Powered by さくらのブログ
タグクラウド