2012年10月13日

早稲田大学混声合唱団・2度目の田野畑村訪問

昨年に引き続き、早稲田大学混声合唱団の学生10名が田野畑村において
素晴らしいハーモニーを披露しました。

今回は、「いわて三陸 海と大地の復興フェスタin田野畑&田野畑村復興祈念祭」の
中夜祭にゲスト出演させていただきました。

tanohata01.jpg

中夜祭は16:30よりアズビィホール前の特設会場にて始まり、
まず復興の灯り点灯式が行われました。
ここでは、「思惟の森育林」の学生たちも頑張っていました。


続いて田野畑小学校児童8人による復興へのメッセージが語られ、
田野畑中学校生徒による復興太鼓が披露されました。

その後、岩手県大槌町出身の臼澤みさきさんのライブ、
盛岡市内の小学生アカペラグループエリアによるコンサートに続いて、
早稲田大学混声合唱団の合唱がはじまりました。

この日は以下の12曲目を歌いあげました。
@おんがく、A鴎、B夕焼け小焼け、C朧月夜、Dふるさと、
E夢見たものは、F歩くうた、G寂庵の祈り、H青い山脈、I北国の春、
J星影のワルツ、Kアメイジンググレイス。

tanohata02.jpg

 岩手県民にとって千昌夫さんは特別な存在で、
「北国の春」と「星影のワルツ」を歌ったときには、一際大きな拍手が起こりました。

12曲目を歌い終えた後、エリアと合唱団が一緒にフィナーレとして
「上を向いて歩こう」を合唱し、中夜祭は閉幕となりました。

秋空の下、ときどき寒風が吹く野外会場での演奏で、
出演者もお客さんも少し肌寒さを感じたものの、
心の中には温かい感動が胸を打ったことと思います。

tanohata03.jpg

 昨年に続いて参加した学生もおり、合唱の前後に束の間ですが、
村民との旧交を温めることができました。

被災地支援という意味もありますが、
懐かしい友人に再会できることも、
継続した活動の素晴らしいところです。

子ども達からは、また来年も来てねとの声をかけてもらい、
田野畑村への再訪を誓った学生たちでした。

田野畑村と早稲田大学の交流はこれからも続くことでしょう。 (山)


posted by wavoc-shien-team at 00:00| Comment(0) | サークル・体育各部
Powered by さくらのブログ
タグクラウド