2012年10月09日

第一回「海べの森」植樹祭参加&ドングリ拾いツアーに行ってきました!

「海の照葉樹林とコミュニティづくり支援プログラム」では、
気仙沼市階上の「第一回海べの森の植樹祭」に総勢33名で参加しました。

1007shouyouju.jpg

階上地区地福寺前の植樹地では、津波で一家3名がお亡くなりになりました。
今回の植樹祭には「鎮魂植樹祭」という意味も込められています。

ここに震災がれきを混ぜたマウンド(盛り土)を作り、
「未来のいのちを守る森」を作ろうというのが植樹祭の目的です。

午前9時に受付がはじまり、
地元の伝統的な舞である「明戸虎舞」が披露され、
植樹が始まる頃には、500名以上の参加者が地福寺境内にあふれていました。


1007shouyouju02.jpg

WAVOCチームにとってはじめての植樹祭への参加でしたが、
慣れないながらも、1本1本、気持ちを込めて植えました。

タブノキ、ヤブツバキ、オオヤマザクラ、
ケヤキ、モミノキなどの照葉樹、落葉樹合わせて
20種類以上の苗木を約1000uに3000本を植樹しました。

1007shouyouju00.jpg


植樹の後は、雑草除けや保水のためのワラをマウンドに敷き詰め、
ロープできつくしばります。これが非常に大事な作業なのですが、
ついつい植樹に力を入れすぎるあまり、こちらが疎かになりがちです。

植樹祭の後に、前回同様、タブノキの幼苗採取に向かいました。

タブノキは温暖な地域で生育する植物です。
それがなぜ東北の気仙沼に生えているのでしょう?
・・・その答えは「黒潮」です。

南方から北上してきた暖流の影響で、
照葉樹のタブノキが御崎神社周辺で生育しています。
したがってここは、タブノキが生育できる北限に近い、非常に貴重な場所です。
それが神社を取り囲む「鎮守の森」として、伐採されずに残ってきました。
そのため森を荒らさないように注意しながら採取しました。


翌朝は気仙沼から本庄キャンパスに移動し、
採取してきた苗を1000個のポット苗にしました。

1007shouyouju03.jpg

直径10.5センチのビニールポットに根が充満し、
高さが30センチぐらいになると植樹可能になります。
それまで約2年間、私たちが「里親」としてドングリや幼苗を育てていきます。

最後に残った苗は早稲田キャンパスに持ち帰り、
WAVOC事務所のある建物(STEP21)の一階で育苗しています。

ポット苗づくりなどは早稲田キャンパスでも
1個単位から気軽におこなえますので、

興味のある方はぜひWAVOCに遊びに来てくださいね!(廣)
posted by wavoc-shien-team at 17:50| Comment(0) | 海の照葉樹林プロジェクト
Powered by さくらのブログ
タグクラウド