2012年10月02日

本庄キャンパスで育苗施設を建設しました!

「海の照葉樹林とコミュニティづくり支援プログラム」では、
気仙沼からお預かりする種子や幼苗を本庄キャンパスで育苗することを予定しています。


shouyouju02.jpg
【未来予想図】


今回、学生有志と大学OB、教員という混成メンバーで、
育苗施設を建設してきました。

まずは近くのホームセンターから資材を搬入。
その後、今回の育苗施設の設計者である
建築学科4年の猪又くんから、
メンバーに段取りが説明されました。

その後、いよいよ建設開始!
1メートル、2メートル、4メートルの鉄パイプを組み合わせて、
基本となる骨格を作ります。

shouyouju03.jpg

骨組みは作ったものの、補強のために利用するケヤキの木との位置関係などが、
いきなり最初に思い描いていたイメージとは違います。
そのため、ここからは地面の傾斜や木の位置との相談がはじまりました。

「松のことは松にならえ」(松尾芭蕉)です。

最初は何度もやり直しが生じましたが、みんな作業に慣れてだんだん息も合いはじめ、
効率も良くなってきました。
shouyouju04.jpg

台風の影響で雨脚が強くなる前に水道設備も含めてなんとか作業完了!

これで気仙沼からお預かりする苗たちを育てる準備の、
ようやく第一歩が踏み出せました。
次の計画に乞うご期待!

皆さんのご参加お待ちしております! (廣)

shouyouju05.jpg 
posted by wavoc-shien-team at 18:00| Comment(0) | 海の照葉樹林プロジェクト
Powered by さくらのブログ
タグクラウド