2012年09月17日

人のつながりを実感

今回のボランティア活動中、地元の方のご厚意により、
当初予定になかった秋祭りのパレードに、私たちニューオルリンズジャズクラブも
急きょ参加させて頂くことがありました。

多くの宮古の方々が、私たちの演奏に耳を傾けて下さいました。

お祭りは地域が一体となった素晴らしいものであることを実感し、
そんな中で演奏させていただき、
その一部となれたことは私たちの喜びであり、
今回の宮古ボランティアの一つの意義となりました。

復興についても人々が一体となって、何かを成すことが必要だと思います。
宮古の秋祭りは、復興の意もあると現地の方が言っていましたが、
まさにその通りでした。

東北の復興に本当に携わるのは東北の人々で、
ボランティアの私たちはそれを手助け、応援する立場であると思います。

最初にボランテイアに参加した時は、手助け、応援というより、
自分がボランティアで東北を復興しようという気持ちに近かったと思います。

ボランティアの参加を重ねることによって、
自分の考えも変わっていきました。

これからは、その応援がどんな形であっても、
自分たちが出来ることを精一杯やりたいです。

少なくとも私たちが今一番出来ることは、心を込めた演奏、これに尽きます。

宮古へは今回で6回目になります。
行くたびに宮古の方々と交流を重ねるため、宮古への思いが強くなっています。
ボランティアとして行っているにも関わらず、
毎回本当に良くして頂いているので、
これから恩返しをしたいという気持ちです。

そのためには、皆が言う言葉ですが、
継続して宮古に行く必要があります。

何といっても、私たちの演奏は現地に行かなければ聞いてもらうことはできません。
だから、もっと練習して前回より良い演奏、心を込めた演奏をしようと思います。

ニューオルリンズジャズクラブ 坂尾正道(社会科学部3年)


nori (2).JPG

nori (1).JPG
posted by wavoc-shien-team at 00:00| Comment(0) | サークル・体育各部
Powered by さくらのブログ
タグクラウド