2012年09月15日

大学間連携災害ボランティアネットワーク「震災と向き合う夏合宿」

2011年度より開始された

「大学間連携災害ボランティアネットワーク 震災と向き合う夏合宿」
は2年目を迎えました。

今年も日本全国の大学から、夏休みを利用して多くの大学生が
8月6日〜9月14日の期間中、第1〜6クールに分かれて各1週間の活動を行いました。

最終クールとなった第6クールでは、学生・教職員約70名が
気仙沼市唐桑半島を中心に、津波によって被害を受けた唐桑半島の遊歩道の復元活動や
陰沼・陽沼の倒木撤去、唐桑半島の地図作り、気仙沼蔵内漁港での漁業支援を行いました。

 唐桑半島の遊歩道はリアス式海岸の見事な風景が一望できる古道でしたが、
津波によって橋が流されてしまい立ち入り禁止となっていました。

連日の猛暑にも関わらず、一日でも早い復旧を願い、
互いに声を掛けあって作業を進めました。

写真@.jpg


 御先神社付近の陰沼・陽沼では、やはり津波によって倒された
10メートルを超える大木をのこぎり等で分割しながら撤去作業を行いました。

唐桑半島の地図作りでは、現地のボランティア団体「からくわ丸」の皆様とともに唐桑を歩き、
現地の方々との交流を通して、学生ならではの視点で唐桑の魅力を再探索しました。

写真A.jpg


 漁業支援では、わかめ漁で使用する「のれん」作りや、
ホヤの養殖で使用する縄作りを体験させていただきました。

このような体験と漁師の方々との交流を通じて、三陸産の収穫物を身近に感じ、
消費につなげることもひとつの復興支援の形なのだと
学生のみなさんも実感したことと思います。


ちなみに、三陸産のワカメの特長は肉厚で味が濃厚なのだそうです。


また、漁師の方が仰っていたことがとても印象的でした。

「漁師は孤独な職業であり、震災前は周りのことはあまり考えることはなかった。

しかし震災をきっかけに学生ボランティアをはじめとする
多くの方々の支援を通して、初めて漁業はひとりだけでやるものではないのだと気づき、
それまでの固定観念が拭い去られた。

今はひとりでも多くの方に三陸産の美味しいワカメやホヤ、
牡蠣を知ってもらいたいと思って頑張っている。

ボランティアに来ていただいた方々のためにも
恥ずかしい仕事はできない、とても張り合いがある。」


漁港も船も失いながらも、
漁師の方々同士で協力し前向きに頑張っておられる姿に、
勇気と元気をいただきました。

学生の皆さんからは、
学生だからこそできる集団の力、
またそれを支える一人ひとりの力の大きさを実感しました。

夏合宿を通して、自分自身の成長にも
つながったという声が多く聞かれました。

それぞれの活動を行うひたむきな姿勢も然ることながら、
1クール一週間という限られた時間の中で、

参加した学生のみなさん一人ひとりがしっかりと問題意識を持ち、
将来に向けて考えている姿が印象的でした。 (若)

写真B.jpg
posted by wavoc-shien-team at 00:00| Comment(0) | 泥かき・がれき拾い
Powered by さくらのブログ
タグクラウド