2012年09月04日

もう一度、ジャズの響く町へ!

 ニューオルリンズジャズクラブ(以降、ニューオリ)は、
昨年7月の「七夕コンサート」以降、折に触れ宮古を訪れ、
イベントでの演奏や小学生への演奏指導を行ってきました。

宮古はもともとジャズの盛んな町でしたが、
震災以後は町から音楽が消えてしまっていたといいます。

昨年ニューオリが初めて宮古に伺った「七夕コンサート 」では、
町に音楽が戻ってきた、と非常にあたたかく出迎えてくださいました。

あれから1年、今年も宮古駅前での演奏も加えて、
遊覧船での演奏「七夕ジャズSHIP」や、
地元の小学生への演奏指導の機会もいただき、
初参加の1年生から4回目となるメンバーまで
20名のニューオリの学生が宮古に向かいました。


到着の朝、あいにくの雨模様のなか「七夕ジャズSHIP」の開催です。
津波で大量の砂がさらわれた浄土ヶ浜にも、少しずつですが観光客が
訪れ始めているそうです。その方たちにより楽しんでいただこうと、
桟橋や遊覧船で演奏を行いました。

学生たちが船に乗り込んで演奏を始めるとうれしいことに雨はやみ、
青空が見えてきました。

遊覧船のお客さんたちもカモメに餌をやったり、
美しい景色を眺めながらジャズのリズムに手拍子をしてくださいました。



 その後、商店街での「まちなかコンサート」や
宮古駅前での「七夕コンサート」で、宮古のみなさんに
たっぷりとニューオリのジャズをお届けしました。
コンサートの締めくくりは、その日演奏指導をした
山口小学校の吹奏楽部の皆さんとの「聖者の行進」です。

小学校での指導時間はわずかでしたが、
みんな短い時間でメロディを覚え、
本番では見事な演奏を披露してくれました。


 夜は、商店街の皆さんと共に「100万人の線香花火」に
参加させていただきました。これは3.11を線香花火とともに未来に語り継ぎ、
震災の犠牲になられた方々に寄り添っていくための追悼として
毎年7月7日に全国で一斉に行われるプロジェクトだそうです。

学生たちは夜になってまた降り出した雨の中、
それぞれに線香花火の小さな炎を、祈りを込めて見つめていました。

 ニューオルリンズジャズはもともと弔いの音楽で、
学生達はだからこそ津波で甚大な被害を受けた宮古に繰り返し足を運び、
目の前で演奏を聴いてくださっている方とともに、
亡くなられた方々に対しても音楽を捧げてきました。

宮古の皆さんの温かいもてなしに最高の演奏で応えたい、
僕たちに声をかけていただける限り、
また宮古に行きたい、と学生たちは帰りのバスで話していました。 (信)
posted by wavoc-shien-team at 00:00| Comment(0) | サークル・体育各部
Powered by さくらのブログ
タグクラウド