2012年08月12日

被災者の想い、分かち合うため

 東日本大震災から約1年半。
2012年8月11日、3.11を心に留め、
犠牲者を悼むために岩手県釜石市で「三陸海の盆」が開催されました。

WAVOCからは16人がこの「三陸海の盆」の運営に携わりました。
1泊4日という強行日程ではありましたが、会場設営や交通整備に汗を流しました。

0812 (3).JPG

三陸地方の心の拠り所である郷土芸能の披露と、
精霊流し・キャンドルナイトが行われました。

本郷桜舞太鼓をはじめとした様々な伝統芸能の音が、釜石のまちに響きました。
「忘れません」「天国で見守っていてね」などの
メッセージの書かれた灯籠が、ゆっくりと川を流れていました。
  
 会場の周りには津波に店を流されながらも、
復興に向けて営業を行う仮設店舗が幾つも立ち並びました。

ラーメン屋「こんとき」の暖簾をくぐると、
「失くして気づいた味がある」と書かれたポスターが
目に飛び込んできました。

中心にいらしたのは、お客さんと親しげに会話を交わす店主でした。
店の大漁旗に描かれた寄せ書きを見ると、
地元の方々から愛されているのがわかりました。

支払いを終えた後、「一期一会だからね、お互い頑張っぺ」と
笑顔で話しかけてくださいました。

 参加した政治経済学部3年の小西翔子さんは、
「見ることで始まることもあるから、吸収していきたい」と語りました。

複雑な思いで参加した学生もいました。
商学部1年の蓮沼玲美さんは福島県出身。
震災・原発問題についてこれまで、考えないようにしてきたが、
ボランティアが減っている現状に、
自分自身がなんとかしたいと思い参加を決意したそうです。

「現地の方の話を聞いて、肉体労働じゃなくてもできることがあると感じました。
なによりも、助け合う気持ちが必要だ」と語りました。

 被災地から離れていてもできることはあります。
しかし現地に直接足を運び、関わり、経験して感じたことを、
自分の言葉で伝えていくことも必要だと思いました。

被災地と支援地の“想い”を共有していくために。

(政治学研究科修士1年 須藤 佑理)



0812 (1).JPG

0812 (2).JPG
posted by wavoc-shien-team at 00:00| Comment(0) | イベントの運営手伝い
Powered by さくらのブログ
タグクラウド