2012年08月26日

歌がつないだ出会い

 早稲田大学混声合唱団39名のメンバーと、
岩手県立高田高校の合唱コンクールや第二高松園で歌を歌いました。

 高校では、いきものがかりの「YELL」を歌ったのですが、
その後工藤校長先生から先生方が涙を流されていたとお伺いし、
胸がしめつけられる思いでした。
第二高松園では、皆さんの楽しそうな笑顔が忘れられません。

そして、「ありがとう」「また東北にいらしてください」と
お言葉をかけていただき、私達の歌で
少しでも楽しんでいただけてよかったと思いました。

 音楽ボランティアの合間には、
津波の被害をうけた当時の高田高校校舎へ見学に行きました。

震災後、私は初めて東北を訪れたのですが、
テレビなどメディアを通して知ることとは訳が違う、
肌に当たる生温かい風、落ちているランドセル、
色あせてしまった写真など、言葉をのみ込んでしまう風景がそこにありました。



 しかし同時に、かつてここに通っていた生徒のみなさんが、
移転先の学校でも笑顔で歌っていた姿を思い出し、
本当につらくてもみんなで前を向いて、ここから進んでいるのだなと感じました。

 旧高校校舎の静かすぎる光景はもの悲しかったけれども、
だからこそ数時間前に見た高校生たちの元気な「おはようございます!」という挨拶や、
歌っている時の笑顔をより鮮明に思い出され、勇気をもらいました。


東北ではたくさんの出会いがありましたが、
ひとつ心に強く残る出来事がありました。
気仙沼の南町紫市場へ行った時のことです。

 地元の方々やボランティアの方々との交流がありましたが、
「あさひ鮨」というお店でご同席したお客さんと、
お店の方にはご厚意で名物のフカヒレ寿司をいただきました。
(これがとっても美味しかったのです!)

 また、色々とお話をしているうちに、早稲田大学に由縁のあるということで、
その場にいた1年生5人で校歌を歌いました。

すると手を叩いて喜んでいただき、
「ありがとう」と握手までしてくださいました。

被災地の現状を目の前につらくなる場面もありましたが、
みなさんの温かい笑顔や言葉が、そこには確かにありました。

 短い時間でしたが、歌を歌うという形でボランティアに参加したことで、
歌えることの幸せや歌の持つ人を動かす力、
そして実際に行ってしか感じることのできない東北の現在の状況を改めて知りました。

 たくさんの気持ちが心をめぐった一日でしたが、
実際に現地へ行って見て聞いて感じ、

またそれを伝えてゆくことが大切なのだと強く感じました。

今回の活動を通して出会ったみなさんに、心から感謝します。
法学部1年 高坂 永
posted by wavoc-shien-team at 00:00| Comment(0) | サークル・体育各部

2012年08月13日

気仙沼第二便、第一便に引き続き大谷海岸の清掃と 気仙沼みなとまつりのお手伝いを実施

気仙沼第一便で大谷海岸を清掃しましたが、半月ぶりの海岸は再び津波の影響による漂流物であふれていました。
現地の方々が日々作業をされている中では、なかなか運べないという流木や細かなごみ等を拾い集める作業をしました。また、気仙沼市観光課からのニーズがあり、今回は気仙沼みなとまつりの運営ボランティアも行いました。
花火大会、海上うんづら、街頭パレード、はまらいんや踊りが行われました。

大谷海岸で清掃をする学生達.JPG
【大谷海岸で作業をする学生達】

年間を通して活動している気仙沼チーム(学生チーム)も運営ボランティアから合流しました。
気仙沼チーム(学生チーム)の有志16名は4月の大川さくらまつりでお世話になった方のご縁で、「はまらいんや踊り」に出演者として参加させていただきました。 “はまらいんや”とは、気仙沼の方言で“いっしょにしませんか”という意。民謡「はまらいんや」に合わせて53団体、総勢2500人もの方々が2時間半にわたり全力で踊り、会場となった田中前大通りを盛り上げました。
職員の私と経営企画課の井上課長も加わりましたが、早稲田の学生は本当に元気で、はっぴの色が変わる程汗だくになりながら現地の高校生と共に踊っており、若さを感じました。

オープニングセレモニー.JPG
【オープニングセレモニーの様子】      


はまらいんや踊り.jpg
【はまらいんやおどりの様子】


学生の活動は少しですが確実に気仙沼の復興へつながっていると感じます。
被災地でボランティアを続ける上では、ただ作業や交流をするだけではなく、現地の人びとが直面している状況や悩みに対して寄り添い、考え続ける必要があります。
行政の情報等も我々が進んで学び、理解しておくことが重要です。学生の努力、粘り強さ、連帯感の強さで引き続き取り組み、ここまで学生達を導いて下さっている現地の稲門会の先輩方など、受け入れてくださる方々へ感謝の念を忘れず、皆で活動し続けたいと思います。 (橋)
posted by wavoc-shien-team at 18:00| Comment(0) | 泥かき・がれき拾い

2012年08月12日

被災者の想い、分かち合うため

 東日本大震災から約1年半。
2012年8月11日、3.11を心に留め、
犠牲者を悼むために岩手県釜石市で「三陸海の盆」が開催されました。

WAVOCからは16人がこの「三陸海の盆」の運営に携わりました。
1泊4日という強行日程ではありましたが、会場設営や交通整備に汗を流しました。

0812 (3).JPG

三陸地方の心の拠り所である郷土芸能の披露と、
精霊流し・キャンドルナイトが行われました。

本郷桜舞太鼓をはじめとした様々な伝統芸能の音が、釜石のまちに響きました。
「忘れません」「天国で見守っていてね」などの
メッセージの書かれた灯籠が、ゆっくりと川を流れていました。
  
 会場の周りには津波に店を流されながらも、
復興に向けて営業を行う仮設店舗が幾つも立ち並びました。

ラーメン屋「こんとき」の暖簾をくぐると、
「失くして気づいた味がある」と書かれたポスターが
目に飛び込んできました。

中心にいらしたのは、お客さんと親しげに会話を交わす店主でした。
店の大漁旗に描かれた寄せ書きを見ると、
地元の方々から愛されているのがわかりました。

支払いを終えた後、「一期一会だからね、お互い頑張っぺ」と
笑顔で話しかけてくださいました。

 参加した政治経済学部3年の小西翔子さんは、
「見ることで始まることもあるから、吸収していきたい」と語りました。

複雑な思いで参加した学生もいました。
商学部1年の蓮沼玲美さんは福島県出身。
震災・原発問題についてこれまで、考えないようにしてきたが、
ボランティアが減っている現状に、
自分自身がなんとかしたいと思い参加を決意したそうです。

「現地の方の話を聞いて、肉体労働じゃなくてもできることがあると感じました。
なによりも、助け合う気持ちが必要だ」と語りました。

 被災地から離れていてもできることはあります。
しかし現地に直接足を運び、関わり、経験して感じたことを、
自分の言葉で伝えていくことも必要だと思いました。

被災地と支援地の“想い”を共有していくために。

(政治学研究科修士1年 須藤 佑理)



0812 (1).JPG

0812 (2).JPG
posted by wavoc-shien-team at 00:00| Comment(0) | イベントの運営手伝い
Powered by さくらのブログ
タグクラウド